PHP:basic3

3月 11th, 2010 by q | Filed under basic, PHP.

定義済み変数と関数

ブラウザ情報の取得

<?php
$browser=$_SERVER["HTTP_USER_AGENT"];
echo $browser;
if(strpos($browser,"MSIE")!==false){
echo "\n ブラウザはIEです \n";
}
?>

ブラウザの識別

<p>あなたのブラウザは
<?php echo htmlspecialchars($_SERVER['HTTP_USER_AGENT']) ?>
ですね?</p>

$_SERVER配列
複数のデータを管理できる配列

$_SERVER[“HTTP_USER_AGENT”]
$_SERVERに格納されているデータを取り出す
この場合はブラウザ名やバージョンを取り出す
文字列は二重引用符””で囲みます

$_SERVER[‘REMOTE_ADDR’]
IPアドレスの取得
$_SERVER[‘HTTP_REFERER’]
ひとつ前にアクセスしていたURL(リンク元)
$_SERVER[‘HTTP_ACCEPT_LANGUAGE’]
ブラウザの言語

ライブラリ関数
処理をひとまとめにしておき必要によって呼び出す

ライブラリに含まれる関数とユーザー定義関数の2種類がある

strpos
文字列の中からある文字列の位置を探す関数

strpos($browser,”MSIE”)!==false)
$browserが示す文字列の中の”MSIE”がある位置を探します
なければfalseという値を返します

if文
条件判定を行う命令文です
if(strpos($browser,”MSIE”)!==false)
strpos関数の返す値がfalseでないかを判別する
$browserの中に”MSIE”という文字があれば使用ブラウザはIEという判定

比較演算子
!==
厳密な比較判定を行う演算子です
!=を使うとfalse,0,”0″なども偽と判断される
!==や===は論理値のfalseのみを偽として扱います


Tags: ,


Leave a Reply