Archive for the ‘FlashDevelop’ Category

FlashDevelop:Virtual Machine~WineBottler

1月 12th, 2010 by q | No Comments | Filed in FlashDevelop

ご存知の通り開発に便利と言うFlashDevelopなんですが、Mac版がありません。

Macでwindowsを立ち上げるにはbootcampを思い浮かべるのが一番じゃないかと思う。
しかし、bootcampじゃ困ることがある。
それはWindows OSに直接ブートする必要があり、
Windows OSを終了してMac OSで再ブートするまでMac OSにはアクセスできない。

ということ。つまりMacのAPP、データ一切アクセスできませんと。
そんな使い勝手悪い。。ってことなので、
Macユーザーの開発者さまはだいたい仮想マシンにて使用されているわけです。

よく利用されるwindows仮想マシン
VMware
Parallels Desktop for Mac
CrossOver Mac

この仮想マシンソフト+WinOSでFlashDevelopがMac上で使えると。
どの仮想マシンがいいか比較をしている記事があった。

参考)どれが最速?–Mac用Windows仮想マシンパフォーマンス比較

ということでVMwareが処理速度が早いらしい、
そしてapple storeでも割引セットが用意されているw

お!じゃあ導入してみようじゃないかと確認してみたところ、

Minimum System Requirements for VMware Fusion 3

  • Any Intel® Mac.
  • Minimum 1GB of RAM (2GB RAM recommended)
  • 700MB free disk space for VMware Fusion and at least 5GB for each virtual machine
  • Mac OS X 10.5.8 or later; Mac OS X 10.6 or later
  • Operating system installation media (disk or disk image) for virtual machines

myMacのスペック不足に気付く。。。乗り気だったのに無理じゃないか。
(ここまでが長い前置きなんですが)

そんな中先日、
WindowsプログラムをOS Xアプリに変える「WineBottler」がリリースされたとのニュースが。
WineBottlerで、もしかしたらFlashDevelop使えないかな〜と。

しかも、WineBottlerはWindowsプログラムをMacアプリとしてスタンドアローンで
使うことができる、つまりWindows環境自体いらなくなると。

参考) 『WineBottler』でWindowsのプログラムをスタンドアローン化し、OS Xアプリに。

そこで手元にWinOSがない&ソフト開発みたいなことなんてできやしないので
周りのお力を借りることに。

一先ず現時点の結論 :
FLlashDevelopをWineBottlerに起動はできるがコンパイルできない
.netframeworkが必要
FlashDevelopはwinネイティブなのでちゃんと動作できない

ここまでで、結局できないという結果に。。
それを証明するかのように
This is the Wine Application Databaseにて
installはできるけど動かないよと。。 というのを教わる。(詳細はこちら

でもこの結果、2009年7月だし。。
何か変わるかもと未だに希望を抱いております。
情報求む!なにかあれば追記していきます。

最終的にはMac買い替えてVMwaveなのか?!


Tags: , , , ,